2006年02月27日

お金を貸す人 借りる人―カード&ローン儲けのカラクリ

お金を貸す人 借りる人―カード&ローン儲けのカラクリお金を貸す人 借りる人―カード&ローン儲けのカラクリ
岩田 昭男
実業之日本社 刊
発売日 2004-02



借金との付き合い方 2004-03-20
歴史によれば、成功した事業家が最後に行き着くビジネスは、金融業のようである。
本書は、クレジットカード,消費者向け貸し金業,銀行をはじめとした消費者金融が、どこで収益をあげているかを示すとともに、上手な付き合い方を書いたものである。とはいうものの、類似の本はいくらかあり、私自身、何かで読んだ事がある内容が、比較的多く見受けられた。参考となったのは、外資系ファンドの買収された再生銀行や事業会社によって新設された銀行などが、銀行本体で、消費者貸し金業に参入していること。類似の商品は昔からあった(カードローン?)のかもしれないが、本書の視点で改めて見てみると、その新商品が、銀行,利用者双方にとってたいへん有用であると感じた。新規参入者が現れることの重要性すら感じた。借金を実際にする・しないにかかわらず、人生にとって持っていて良い知識が書かれている本である。


さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by テニ at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金の儲け方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。